蒸し温活(寝るよもぎ蒸し)蒸しサウナ

日本の治療界から生まれたカラダを蒸す美容 「蒸しサウナベッド」で「寝るよもぎ蒸し」「スチームヘッドスパ」実現
 03-5422-8133
お問い合わせ

蒸し温活(一覧)


♾創案・開発者♾

開発・創案


Yuko600.jpg

治療家(鍼灸師)
Yuko

●スチームサウナベッド開発者
●蒸し活および「寝るよもぎ蒸し」創案


【ごあいさつ】
この度の考案・開発は、身体の不調の大要因である冷えを解消することに特化し、蒸し活(蒸し温活)「スチームサウナベッド」を開発しました。

「よもぎ蒸し座っておくのがツラい」
「サウナは息苦しくて汗かくまで居られない」
「温泉や長風呂はのぼせてしまう」
「温活時間を有効に使いたい」

これらのデメリットを改善して、どこでも簡単に設置ができ、誰でも手軽に取り組める美容健康法を試行しました。

考案の始まりはコロナ禍でしたので、プライベート空間で、都度の掃除・消毒がしっかりと出来るものになることが必須と考えました。

開発において特に注意した点は、環境を選ばず設置ができて、導入現場で邪魔にならないようコンパクトで多様な活用ができること。
スチームサウナベッドの製作過程では、床が水浸しになり、蒸気で電気製品が故障したりと苦悩しました。
試作を繰り返し「防水防菌・
ベッドの下に水滴が落ちない・部屋に蒸気が回らない」そして、移動やメンテナンスしやすい最もシンプル形式を実現しました。

 

また、蒸し温活では、身体に取り込みたい栄養素を皮膚から経皮吸収できること、そして、皮膚からの温度(痛覚)で、様々な感覚受容器を刺激して、血行改善、筋肉をほぐし、鎮痛作用をもたらすお灸の治療効果を応用しています。

その他、導入店にとって「付加価値」に繋がることを思考し、特許庁登録も完了しました。


多くの方に身近な美容健康法として体感していただきたく、ご協力いただく事業オーナー様に導入をご検討しやすい費用設定に努め、加えて、今後のモデルチェンジの可能性を加味し、レンタル導入を実施しています。

引き続き、皆様の美容健康そしてビジネスのお力になれますよう日々思案していきます。

【略歴】
カメラメーカー勤務を経てモデル事務所マネージャー(統括)に転職。2001年起業(2002年法人化)
(写真市場がデジタルに移行するタイミングで全国で最初にカメラメーカーとモデルエージェンシーから協賛を得てポートレートカメラクラブを発足。起業のきっかけとなる)


●モデル事務所(23年)
●サロンオーナー(20年)

現役治療家でありながら、起業以来、モデル養成・マネジメントの他、多くの企業の販売促進・セールスプロモーションおよびビジネスマナー教育に携わり、ゼネラリストとして多数の事業企画・プロデュースを手掛ける。

(創業23年の実績から、コンサル会社やM&A企業からサロン事業関連の相談が多数あり、独自で編み出した手技・時代のニーズに順応したメニュー考案で、確実なサロン経営の収益アップやV字回復に繋げる)

【資格】
•鍼灸師(国家資格)
•ゼネラリスト 秘書士(全国大学実務教育協会)

1
2024.07.15 Monday