日本式 蒸し活(寝るよもぎ蒸し)

日本の治療界から生まれた新療法 「スチームサウナベッド(蒸しサウナベッド)」で「寝るよもぎ蒸し」実現
 03-5422-8133
お問い合わせ

蒸し活について一覧

⚫︎「寝るよもぎ蒸し」実現

スチームサウナベッドで「よもぎ蒸し」も寝てできる


リラックス、デトックス、温活として女性に親しまれている「よもぎ蒸し」は、もともと東洋療法として古い伝統があります。


よもぎは、薬草として、煎じて口から飲んでいたものですが、
世界の3大美女として知られている中国唐時代の「楊貴妃(719-756年)」が、椅子に腰をかけた状態で、よもぎを蒸し、蒸気を下半身を中心に浴び吸収させるという療法を開発しています。

また「よもぎ」は、灸治療に使う「もぐさ」の元でもあり、日本でも古代から現代に至り、血行改善、鎮痛、病気予防や浄化など治療法に活躍しています。


「よもぎ蒸し」は専用のイスに座って、下半身から蒸気を浴びて温めますが、
日本式「蒸し活」は、スチームサウナベッドに寝た状態で首から下の全身を温めます。

また、「よもぎ」だけでなく、身体に取り込みたい栄養素を何でもお使いいただけます。

従来の「よもぎ蒸し」との違い


蒸し活は

寝ながら行う
(上半身・下半身を同時に温めて保湿を与える)

栄養素は、食物・植物なんでも使用できる
(口から撮っている栄養素を皮膚から吸収するため、ミネラル豊富な水、自然の植物・食物、ならびに栄養剤や入浴剤もお奨めしています)

予防医学「頭寒足熱」が行える
(頭は冷やし、上半身と下半身の体温差がなくなるよう身体を温める健康法)


蒸し活しながらヘッドマッサージやフェイシャルが行える
 

1
2024.04.22 Monday